- MENU -

夏でも需要が高い、長袖の洋服

長袖の洋服というと、秋冬に着るイメージがありますが、最近は真夏でも着ている人をよく見かけます。
特に女性が着ている場合が多く、理由の1つは紫外線対策です。
紫外線が肌に悪いと言われてからだいぶ経ちますが、美白ブームが起こったのも背景にあります。
顔だけいくら白くて綺麗でも腕などが真っ黒に日焼けしていたらバランスはおかしいもの、そのため長い袖を羽織り日焼けを防止している人も多数います。
そして長い袖を着るもう一つの理由は真夏にかかっている冷房対策です。
女性と男性では暑さの感じ方が違うもの、電車の中やオフィスなど冷房が強すぎて寒いといった女性をよく聞きます。
その冷房対策に長袖を着て体を守っているのです。
この他にも工事現場や農業地帯など過酷な現場で働く人は、真夏でもよく長袖を着ています。
強烈な太陽の日差しに肌がさらされると体力もどんどん奪われていくため、あえて長い袖の服を着て体を守るのです。
蚊や害虫などから肌を守る目的もあります。
こう見ると長い袖の服は肌や体を守るためにあると言えますが、ファッションとしても素敵なアイテムです。
ショートパンツの上に半袖シャツやキャミソールは若々しい印象がありますが、あまり肌を露出するのも考えものです。
そこにあえて長の袖の服を着ると落ち着いたモダンな印象を与えてくれます。
このようにファッションアイテムとしても長い袖は色々と活躍してくれます。

一年中愛用できる長袖

ファッションアイテムを購入するときには使うシーンが広いものを選びたいものですが、長袖はそういったニーズにこたえる形のアイテムであるということができます。
インナーとしてもアウターとしても重ね着をすることもできますし、袖が長いことで手首までカバーすることができ防寒につながります。
秋から春まで幅広い季節の様々なシーンで利用することができるため、すでに多くの枚数を持っている方も多いものです。
いくらあってもその分コーディネートの幅も大きくなり、どういった方にでも使いやすくなるアイテムです。
さらに、夏になるとこういった面積の広いものはなかなか出番がなくなると思いがちですが、夏の厳しい日差しを遮り紫外線対策をしている方や冷房の刺激に対する体温調整の必要性がうまれることから、夏でも長袖の服を利用する方が増えてきています。
薄手のものをいくつか用意しておくと、こうした用途で使いやすくなります。
畳んでしわになりにくい素材のものならカバンに入れて急な場面に備えることもできます。
これまでの着るだけの服のイメージとしてだけではなく、使う場面を考えつつ、機能性も重視しながら選んでいくことが役立つ長袖を選ぶためのポイントということができます。

おすすめWEBサイト 5選

金儲け 方法
http://www.sakimono-mentor.com/
BLUCO
http://untouchable.jp/?mode=cate&cbid=816137&csid=0
ゴミ屋敷 片付け 大阪
http://fuyohin-kansai-pro.com/blog/pro-6/
金券ショップ 大井町
http://oimachi-k.net/
BBQセットのレンタル
http://lovely-bbq.com/

最終更新日:2016/5/18

Copyright c 2008 fassion.com. All rights reserved.